パイプの根元の水漏れのトラブルとは

パイプから水漏れが起きている場合にはどのような対応が必要になるのでしょうか。パイプの材質には塩ビ管あるいは金属管があり、それぞれ特徴も異なります。水道のパイプは経年劣化しますので、定期的に新しい物に交換することが基本的にはおすすめです。

■破損の原因とは

パイプには主に2種類の材質があり、塩ビ管は劣化によって根元の部分などに亀裂が入ったり、金属管の場合は錆びによって穴が開いてしまうことがあります。また地震などの強い衝撃によって歪みが生じてしまい、水漏れの原因となることもあります。このような破損による水漏れの場合には、根元の部分から新しいものに交換するだけでトラブルを解決させることが出来ます。


■劣化したら交換が必要

水道のパイプは使っているうちに必ず劣化してしまいます。また、塩ビ製や金属製に関わらず、水道に有機溶媒や強い酸性物質などを流してしまうとパイプが腐食してしまいますので、その点も注意が必要です。パイプに負担のかかる使い方をしていると、その分早く劣化してしまうことにもつながります。
交換修理が必要になった場合は、パイプは見えない部分に埋め込まれていることも多いことから、水道 修理業者に依頼して工事を進める方が無難です。


■まとめ
水道のパイプの場合には自力で交換することはできませんので、専門の業者に依頼して交換修理を行うにすることが肝要です。普段から水道のトラブルに遭遇する確率をさげるためにパイプにダメージを与えてしまうようなものを水道に流さないようにするといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ